Latest Blog Posts

ビットコイン価格が下げ調整中

2015年12月2日 / jcaadmin / 最新ニュース

転載元: https://www.cryptocoinsnews.com/
転載元: https://www.cryptocoinsnews.com/

ここ6週間の間に、ビットコインの価格が反発したことで、市場の自信が高まった。ギリシャの件の影響で、テクニカルな価格補正が昨日入った。補正が入ったにもかかわらず、市場はいまだに活発で楽観的だ。この流れが成り行きに任せて流れていくならば、価格のさらなる反発を期待できるかもしれない。

4時間枠のチャートを見れば、価格が反発しておおよそ¥39,516.76と2000CNYに達したこがわかる。この高値はやや39,516.76円を下回るが、2.618Fibonnaci extension(投資の利益を確実に得るために、売買の基準とする値のこと)と相関している。これは、6月上半期に見られた一番最初の上向きの値動きからも示される

値動きに影響を与えるテクニカルな要素としては、以下の3つがある

1:6月上旬の底値から週末の上値までに、7つの上向きの値動きがある。これは、ビットコインの伸びを示す7つの波であるともいえる

2:7月10日から12日の小幅な値動きは、5つの山を形成している

3:こうした波のMACD値(MACD value)は、2014年11月のそれを上回っている。こうした逆向きの分岐は、価格の補正を迫るものとなっている

上記の評価が正しいのだとしたら、価格の波は33,342.27円や30,872.47円のような、以前にも見られた低めの価格に是正されてもおかしくはない。

今日、下向きの価格調整があるとはいえ、39,516.76円と1770CNYと、1-day chart’s 200-period moving averageをすでに超えている。価格が水準を超えてしまわぬよう、市場はしっかりとこの水準と向き合わなければならないだろう。

市場に参加する人の中には、こうした破局(価格の水準からかけ離れている状況のこと?)を失態とか失望したという人もいる。しかし、私たちは知っている。こうした動きは自然なもので、いい時もあれば悪い時もある、と。

2013年の10月と11月に見られた反発は、point 3で言及したように、放物線状の値上がりだったことは注目に値する。現在起こっている大きな値上がりは、ビットコインが起こす波の全体にわたって進行している。だから、これからも大きな値上がりもあれば、価格の是正が起こりえる。そしてそれは、2013年末に遭遇したような1度となく起こる連続した動きとして生じるだろう。

「投資のもっとも重要なルールは、素晴らしい攻撃をすることではなく、よい守りをすることだ。毎日私は、ひょっとしたら自分の選択は間違いかもしれない、と言い聞かせている。そうすることで、私はどこまでなら負けることができるかを明確にできるのだ」Paul Tudor Jones

価格については、2つのシナリオが想定できる。ひとつは、価格の補正によって34,577.16円まで下がり、新しい値上がりに向かうための底値を形作るというシナリオ。もうひとつは、価格がより深く補正され、1-hour 200MAを下回り、そこで落ち着く。

xbt.socialは後者を望んでいる。なぜなら、その方が私たちの分析と合うからだ。私たちは、ビットコインの価格チャートを分析し、長期的には価格は平均に落ち着くと考えている。今のところ、短期で売りにだすのなら、34,577.16円から30,872.47円のあたりの値動きを注視しておくとよいだろう。


 

この記事は https://www.cryptocoinsnews.com/bitcoin-price-downward-correction/ を翻訳したものです。

Comments are currently closed.