Latest Blog Posts

ビットコイン取引は日本で監視下に置かれる可能性がある

2015年12月21日 / Nanami Cou / 最新ニュース

転載元: http://www.newsbtc.com/
転載元: http://www.newsbtc.com/

新たな規制を導入する上で熟慮されると伝えられているように、ビットコインのような仮想通貨の取引が金融庁(FSA)の監視下におかれる時がまもなく来るかもしれません。

新システムは事業者登録制度を備えている可能性があり、彼らはライセンスを取得し、クライアントの身元を確認し、ビットコインと他の仮想通貨の取引に透明性をもたらす内部管理、およびその他のシステムの改善に向けて作業しなければならないでしょう。

最近の、ビットコイン交換所マウンゴックスについての継続的な調査で、クライアント所持している高値のビットコイン預金が同社のシステムから姿を消したことが明らかになりました。
消費者のビットコイン預金が脆弱であることが判明しているこのような場合は、それらの保護の需要拡大に貢献しており、FSAによるこの動きはこの光の中で最高の理解となりうります。

また、6月にセブンリーダーのグループはドイツで会合し、テロ資金対策をとるとともに、ビットコインや他の仮想通貨を規制することに合意しました。

この会議の後、アメリカ、日本、ヨーロッパ諸国の金融​​当局からなる金融活動作業部会は、仮想通貨の交換の規制強化を確実にすることを6月の後半に加盟国に求めました。

メンバーはまた、マネーロンダリングに対して適切な措置をとるように求められました。

日本はすでに動き始め、1〜2年で具体策を引き出すことを計画しています。

また、さまざまな国で採択された措置も確認しながら、金融庁のワーキンググループで議論を開始する予定です。

現在の日本で政権を取っている自民党は、7月1日以降仮想通貨の規制強化を検討し始めました。

財務大臣麻生太郎氏は火曜日の閣議のあとの記者会見で、”我々は(より厳しい規制を課す)調査をし続けなければならない”と明言しました。

英国や他のいくつかの国はまた、仮想通貨にマネーロンダリング規制を入れる準備をしています。


 

この記事は http://www.newsbtc.com/2015/08/06/bitcoin-trading-may-come-under-scanner-in-japan/ を翻訳したものです。

Nanami Cou
アーティスト
暗号通貨普及の目的が “より素敵な世界になることに貢献したい”という、私がアートをする理由と一緒であると知り、翻訳のお手伝いをすることに。将来は世界中のアーティストが参加できるような暗号通貨によるチャリティイベントを企画、出演したいと妄想中☆

Comments are currently closed.