Latest Blog Posts

ビットコインは非銀行利用者層を救済できるか?

2015年11月30日 / Nanami Cou / 最新ニュース

転載元: http://www.cnbc.com/
転載元: http://www.cnbc.com/

ビットコインが一般に受け売れられるのに苦労しているので、デジタル通貨の支持者は採用を促進するため新しい観衆:世界的な非銀行利用者層-に向きを変えています。

世界銀行によれば、20億人以上の大人が貯金や資金を借りるための銀行口座やクレジットカードなどの金融サービスへのアクセスを欠いており、農村部に居住する人の大半が通常1日で5ドル以下の生活をしています。

”ビットコインは非銀行利用者にパラダイムシフトを起こす可能性があります”とオーストラリアとニュージーランド公認会計士協会(CAAZ)リーダーMichael FraserはCNBCに語りました。

”影響は多種多様です:技術的、政治的、経済的なレベルでの変化があるでしょう。

グループへのビットコインの最大の利点は、送金や送金ツールとしての能力にあります”とFraserは述べています。

途上国ではスマートフォンの所有が爆発的に増えているため、ビットコインは、ウェスタンユニオンのような伝統的な送金企業にとって安価な代替物です。

”ビットコインは標準の5%の手数料と比較して低い手数料、わずか1%であり、加えて、従来のサービスにかかる処理時間とは異なり一瞬で処理が終わります”とFraserは加えました。

価格変動は暗号通貨がマス市場を獲得するに至っていない主な理由です。

1年前、1ビットコインは665ドルに相当しましたが、今Coindeskの価格指数によると、267ドルで取引されています。

しかし、価格変動の脅威は送金においてはほぼなくなります。

”市場での多数のビットコインベースの送金ソリューションにより、支払いが行われる前にユーザーは為替レートを固定することができます。

事前に合意されたレートであれば、送信者はそれが送信される前に、受信者が指定された送信量に対していくらを受け取るかわかるので、為替レートの変動リスクが実質ありません

”と、

KapronAsiaのマネージングディレクターであり長年のビットコインウォッチャーであるZennon Kapronは述べています。

また、ビットコインは、新興国で中小企業(SME)を後押しすることができます。

”多くの中小企業が通貨受け入れや処理手数料に関連するコストのために国際競争に苦労しています。ビットコインは、本質的に純粋なデジタルフォーマットで操作することにより、これらの問題を排除します”と、

プライスウォーターハウスクーパースとCAAZによる共同報告書は述べています。

確かに、課題が豊富です。

技術格差が最大の障害となっている、ヴィシャルグプタ、インドのビットコインアライアンスの共同創設者である Vishal Guptaは警告しました。

「[インドの]非銀行利用者層のほとんどは、無学であり、読み取りや書き込みをする方法がわかりません。彼らにビットコインを信頼するようにさせることは骨の折れる作業になります。”

彼は国の12億の人口で現在わずか約15-20,000人しかアクティブなユーザが存在していないと述べています。

価格変動通貨の救済

貧困が一般的には非銀行利用者の背後にある主な理由だとしてあげましたが、激しい通貨変動のような他の要因もあります。

アルゼンチンでは、例えば、政府によって義務付けられた人工的な為替レートは、ペソを避けることを人々に強制している、と仮想通貨hub Espacio Bitcoin の共同創設者Franco Amatiは説明しました。

”もしあなたがアルゼンチンドルを受け取った場合、中央銀行はあなたに実際の市場価格よりも、1ドルあたりより少ない(30〜35%未満)ペソを与えることになります”Amati は電子メールでこのように述べました。

”しかしもしあなたが海外でビットコインを購入し、アルゼンチンの誰かに送信した場合、アルゼンチン人は実質の為替レートでそれらを販売し、少しの仲介手数料を除いた金額の100%を得ることができるようになります。」

中長期的なビットコインの蓄えは価格変動通貨の魅力的な代替となりうる、とFraserは、同意しました。

通貨危機に苦しんでいるロシアでは、ルーブル-ビットコイン間の取引高が、前者がより弱い原油価格の裏に崩れたために、12月にほぼ250%増加しました。


 

この記事は http://www.cnbc.com/id/102720768 を翻訳したものです。

Nanami Cou
アーティスト
暗号通貨普及の目的が “より素敵な世界になることに貢献したい”という、私がアートをする理由と一緒であると知り、翻訳のお手伝いをすることに。将来は世界中のアーティストが参加できるような暗号通貨によるチャリティイベントを企画、出演したいと妄想中☆

Comments are currently closed.