Latest Blog Posts
img_jca04

仮想通貨と電子マネーの違いとは?

2016年11月23日 / jcaadmin / 暗号通貨とは, 暗号通貨を学ぶ

「仮想通貨」というキーワードを聞いた時に、電車に乗る際やコンビニでのお買い物などで利用されるようになってきた「電子マネー」をイメージした人も多いのではないのでしょうか?

しかし「仮想通貨」と「電子マネー」には大きく2つの違いがあります。

今回は「仮想通貨」と似たような決済手段である「電子マネー」の違い、電子マネーと比較してわかる仮想通貨の可能性について解説していきます。

仮想通貨と電子マネーの2つの違い

「仮想通貨」と「電子マネー」の異なる点は2つ、それは「管理主体の有無」と「交換性」です。

「管理主体の有無」について

まず「電子マネー」とは、一般的にデビットカードや、主に電車等の交通費の支払いに使える「suica」や、主にお買い物に使える「Edy」、「nanako」、「WAON」など現金を持たなくても決済等ができるものになります。
電子マネーはサービスを活用する前にデポジット(チャージ)する必要があり、デポジットしたお金を管理する管理会社が存在します。利用者はその第三者である管理主体が存在するため、電車の交通費やお店などで電子マネーを利用できるということです。

それにひきかえ「仮想通貨」には、国や中央銀行などの管理主体が存在しません。仮想通貨は「P2Pネットワーク」上で「ブロックチェーン」という仕組みを利用することで成り立っているため、管理者不在で安全な取引を行うことができるのです。
>仮想通貨とは?

「交換性」について

電子マネーは前述したように事前に現金をデポジット(チャージ)したものになりますが、その交換については一方通行で「お金」を「電子マネーに換える(チャージ)」することはできても、現金に変える手段はほぼありません。払い戻しを認めてしまうと、「前払い金」ではなく「預り金」となることにより、出資法の預かり金規制を受ける可能性があることが原因となっています。

一方の仮想通貨は、他者への「譲渡」が可能ですし、「換金」により元のお金に戻すことも可能です。
仮想通貨を所有している人の好きなタイミングで、その時々の為替レートにより価値が異なってきますが「他の通貨」に交換可能なのです。
つまり「自由に他の通貨と変えられ、尚且つ決済手段として単体で利用できるもの」が仮想通貨です。仮想通貨に関する概要は下記の記事でも整理しておりますので、参考にしていただければと思います。
>仮想通貨とは?

電子マネーと比較してわかる仮想通貨の可能性

仮想通貨は電子マネーと比較すると、国境を越えてボーダーレスに取引ができるというメリットがあります。

日本においても国を挙げて仮想通貨の普及に取り組んだ場合「海外と取引を行う企業」では、手数料によるコストなどを削減できる可能性があります。今まで「無駄な出費」であったコストが減り、その分企業の利益が増えることが考えられ、巡り巡ってそれは従業員、つまり皆さんの給料にとってプラスの影響を与える、ということにつながるかもしれません。

さらには、もともと現金をデポジットして利用する電子マネーとは異なり、仮想通貨は為替市場による価値の変動があります。今後拡大が見込める仮想通貨市場は「投資先」として大きな利益が期待できる点が最も大きなメリットと言えるでしょう。

まとめ

▼電子マネーとの違いは「管理主体の有無」と「交換性」
データにお金を置き換えただけのものでなく、それ単体で決済することができ、好きなタイミングで他の通貨と交換できるのが「仮想通貨」です。仮想通貨は「P2Pネットワーク」上で「ブロックチェーン」という仕組みを利用することで成り立っているため、管理者不在で安全な取引を行うことができるのです。

▼海外との取引を行う企業に有利に
手数料によるコストなどを削減でき、これまでコストとして負担となっていた分が利益に可能性高いです。

▼市場の拡大により「投資先」として期待できる
仮想通貨の為替市場による価値の変動により、今後拡大が見込める仮想通貨市場は「投資先」として大きな利益が期待できます。

日本クリプトカレンシー協会主催 暗号通貨勉強会開催中

Comments are currently closed.