Latest Blog Posts

Ripple Client から GateHUBへの移行方法

2016年3月2日 / jcaadmin / 暗号通貨を学ぶ

先日このブログでも触れたとおり、Ripple Tradeからの移行先としてGateHUBが採用されました。

リップルトレード閉鎖、GateHubに移行 – CoinPortal

Ripple TradeからGateHUBへの移行方法はすでにお伝えしています。

Ripple Clientをお使いの方は、移行しなくとも使用を続けていただくことは可能です。

ただ、使い勝手の面でGateHUBのほうが好みだという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、この記事では、Ripple Client (Ripple Account Asia) から、GateHUBに移行する手順を紹介します。

Ripple ClientからGateHUBへの移行方法

シークレットキーを取得する

まずはシークレットキーを取得します。

シークレットキーとはRippleのアカウントと紐づく一意の文字列です。

このシークレットキーによって、Ripple ウォレットを動かすことができます。

ということは、このシークレットキーが他の誰かに知られた場合、アカウントを乗っ取られるのと同じことになります。

厳重に管理して下さい。

  1. Ripple Clientを開く
    Ripple Account Asiaからダウンロードしたクライアントを開き、ログインします。
    raa2gatehub 01
  2. 設定画面を開きます
    まずは、右上の歯車のマークをクリックしますraa2gatehub 02
  3. 「設定」をクリックします
    raa2gatehub 03
  4. 「セキュリティ設定」でシークレットキーを表示します
    シークレットキーを表示したら右クリックでコピーしておきましょう
  5. raa2gatehub 04raa2gatehub 05

GateHUBでの登録

  1. GateHUBにサインインします。
    https://signin.gatehub.net/ にアクセスしてサインインします。
    まだGateHUBのアカウントを持っていない方はこちらを参照してアカウントを作成して下さい。
    Ripple Trade から GateHUB への移行手順 | 日本クリプトカレンシー協会raa2gatehub 06
  2. サインインしたらウォレットを追加します
    左のメニューから「WALLETS」をクリックし、プラスボタンをクリックします
    raa2gatehub 07
  3. 「IMPORT」をクリックし、GateHUBアカウントのパスワードを入力し「Unlock」をクリックします
    raa2gatehub 08
  4. 「New Wallet Name」には任意の名前を、「Secret Key」には、先ほどコピーしたシークレットキーを貼り付けます
    その後、「Import」ボタンをクリックします。
    raa2gatehub 09
  5. 「Good Job」と表示されたら作業は完了です
    raa2gatehub 10

以上でRipple ClientからGateHUBへの移行は完了です。

Comments are currently closed.