暗号通貨ってなに?


home > 暗号通貨ってなに?

インターネットと暗号化技術が生み出した新しい通貨が、未来をつくろうとしています

暗号通貨とは

インターネット上で流通する通貨。

通貨を発行する国家も、政府も、銀行もない、コンピュータで作られて管理されているお金です。取引きはパソコンやスマートフォンで行うことができます。

一見難しそうに見える暗号通貨ですが、実は日本のあるものとよく似ているのです。

日本では日常的な「あるもの」に似ている

それは、Suicaのようなプリペイド型カードです。

Suicaはカードに割り当てられた金額を読み取り用の機械を通して店に送るという仕組みです。自分が保持している金額、支払われた金額はサーバーに記載されていて、Suica自体にはカード固有のIDが割り当てられているだけです。

暗号通貨の場合は、各コンピュータにウォレットというアプリケーションをインストールすると、それぞれにアドレスと呼ばれる長い文字列が割り当てられます。

実際の現金を使わず、電子データだけでやりとりを行うという点では、両者はよく似ています。

そういえば、先日来日したとある暗号通貨を作成する団体のCTO (最高技術責任者) がこう言いました。

日本では決済の自動化、電子化が大変進んでいる。 こんなに自動化が進んでいる国はない。アメリカではほんの一部の大都市でしか実現していない。

つまり、日本の国民は世界でも類を見ないほど高度な電子決済システムを利用しているのです。

暗号通貨とSuicaとの決定的な違い

一方、Suicaと暗号通貨の間には決定的な違いも有ります。

暗号通貨はインターネットで生まれ、インターネットで管理されています。つまり、インターネットさえあればどこの国でも使えるのです。

通貨としての価値と機能を持つにもかかわらず、国の管理下にないというのは今まででは考えられなかったことです。この特性により、両替などをしなくとも世界各国で使用することができるのです。

価値が変動する

そして、価値が変わるということ。

これは株や為替に近い特性です。

必要とする人が多ければ価値は高くなり、少なければ価値は下がります。

代表的な暗号通貨であるBitcoinは、作られた当時は殆ど価値がなかったのですが、一時は 1BTC (Bitcoinの通貨単位) の価値が11万円になったこともあります。

2015年7月現在、1BTCは32,000円ほどですが、今後、世界中で暗号通貨が広まっていくに従って価値は上がるのでしょうか、それとも、もっと価値のある暗号通貨に取って代わられるのでしょうか。


暗号通貨について、もっと詳しい話は「暗号通貨とは」で解説しています。